GitHubアカウントの作成

概要

GitHubのアカウント作成方法をまとめました。

はじめに

世の中の流れに流され、GitHubのアカウントを登録しました。Freeプランですが、登録の流れをまとめます。


枕詞をパスしたい人はこちら。

ひとりで仕事をする場合、ソースやデータの保存場所を好きに決められます。しかし、他の人と協力して仕事をする場合、どうしてもソースやデータのやり取りが発生します。

以前はメールやUSBメモリ経由でやりとりしていましたが、やはりインターネットから使用できるオンラインストレージを使った方が断然便利です。無論、適切なセキュリティ管理を行っていることが前提となりますが・・・。

さて、Gitというバージョン管理ソフトがあります。このリポジトリをインターネット経由で提供しているのがGitHubになります。

特にソースのやり取りが一方的な場合が多い場合は、バージョン管理ができかつインターネット経由で簡単に公開できるGitHubを使用すること多いようです。

たとえば、Linuxのカーネル開発のようにオープンソースの場合は、GitHubが多く利用されているようです。


このGitHubの存在はそこそこ前から知っていた(なんとなくレベルですが)のですが、数年前に個人使用でも有料化されたので「いまさら登録するのもどーしたものか」と考えていました。

たとえば、codezineでは「・・・個人は月額7ドルプランのみ・・・」とかのタイトルで記事があったり、GitHubの料金ページを見てもFreeプランが無かったり、すべてのプランが有料になったのと思ってました。

よくよく調べてみると、無料プランが生き残っていました。「容量が300M」と「公開リポジトリのみ」の制限付きですが。

GitHubが順当な利益を上げているのであれば、この制限もやがて緩和されると思うのですが、今後どうなるかはわかりません。ただし、「使えるのであれば、今のうちに使っちゃおう」の気持ちもあり・・・。

まあ、そんなこんなでGitHubのアカウントの登録手順を以下に記載します。

前提

必要なもの
  • インターネットにアクセスできる環境
  • Webブラウザ
  • メールアドレス
  • メールソフト(インターネットメールなら不要)

登録手順

以下の手順でユーザー登録を行う。

1. github.comを開く

https://github.com/>」へアクセスする。

  1. 1.1 ⌨操作内容

    アドレス欄に「https://github.com/>」を入力しリターンキーを押す。

    GitHubのURLを入力
  2. 1.2 🖳操作結果

    GitHubのトップページが表示される。

    GitHubのトップページ

2. GitHub登録ボタン押下

「Sign up for Github」ボタンを押す。

  1. 2.1 ⌨操作内容

    画面下部にある「Sign up for Github」ボタン(黄色で囲った部分)をクリックする。新規登録なので、画面中のUsername欄、Email欄、Password欄は空白のままでよい。

    Sign up for GitHubボタン押下
  2. 2.2 🖳操作結果

    ユーザー登録画面に遷移する。

    Join GitHubページ表示

3. ユーザー情報入力

ユーザ名、メールアドレス、パスワード欄入力後、「Sign up for Github」ボタン押下。

  1. 3.1 ⌨操作内容

    ページ中のユーザ名(Username)欄、メールアドレス(Email Address)欄、パスワード(Password)欄にそれぞれ適切な値を入力する。その後画面下部にある「Create an Account」ボタンをクリック押下する。

    ユーザー情報入力
  2. 3.2 🖳操作結果

    Welcome to GitHub(Step2)画面に遷移する。

    Welcome to GitHubページ表示

4. プラン選択

Freeプランが選択されているのを確認して「Finish sign up」のボタン押下。

  1. 4.1 ⌨操作内容

    デフォルトではFreeブランのラジオボタンが選択されている。もしFreeブランが選択以外が選択されてれば、Freeブランのラジオボタンにチェックを入れる。もし、必要であれば「Help me set up an organization next」や「Send me updates on GitHub news, offers, and events」のチェックボックスにチェックを入れる。

    最後に、「Continue」ボタン(黄色で囲った部分)を押下する。

    Continueボタン押下
  2. 4.2 🖳操作結果

    画面に遷移する。

    Welcome to GitHub(Step3)ページ表示
    ページ下部のようす

5. アンケート回答

アンケートに回答する。

  1. 5.1 ⌨操作内容

    アンケートに対して回答を行う。その後、「Submit」ボタン(黄色で囲った部分)を押下する

    アンケート回答
    Submit ボタン押下
  2. 5.2 🖳操作結果

    ダッシュボードページへ遷移する

    dashboardページ表示

6. メール着信待機

登録したメールアドレスにメールが来るのを待つ。

  1. 3.1 ⌨操作内容

    メールソフトを起動もしくはWebメールの場合はブラウザからWebメールを開き、GitHubからのメールを待つ。

  2. 3.2 🖳操作結果

    GitHubから「[GitHub] Please verify email address」の件名でメールが届く

    メール確認

5. メール内容確認

受信したメールの内容を確認し、ベリファイを行う。

  1. 5.1 ⌨操作内容

    「GitHub] Please verify email address」の件名のメール中にある「Verify email address」リンクをクリックする。

    Veryfy email addressリンククリック
  2. 5.2 🖳操作結果

    GitHubの「Emails」ページに遷移する。

    メール設定ページ表示

6. 「Emails」ページの内容確認

「Emails」ページで、登録したEmaiの内容を確認する。

  1. 6.1 ⌨操作内容

    登録したEmaiの内容を確認する。通常であればとくにこのページでの操作は発生しない。なお、別途登録完了メールが通知されるので、メール確認作業が残っている。

    メール設定ページ表示
  2. 6.2 🖳操作結果

    上記操作により、再度GitHubから「[GitHub]Thanks for verifying emal address」メールが通知される。

7.登録完了メール

「[GitHub]Thanks for verifying emal address」メールが来れば登録完了。

  1. 7.1 ⌨操作内容

    「[GitHub]Thanks for verifying emal address」の件名のメールを開き内容を確認する。これでGitHubのユーザー登録操作はこれで完了。

    GitHubのからのメール確認
  2. 7.2 🖳操作結果

    特に作業は発生しない。必須ではないが、暇だったらハッピーそうなタコ猫(種族名:Octocat、識別名:Monalisa)の絵を見て和む。





 作成:2018/03/25 3:23:53  (作成
 更新:2018/04/01 19:35:14  (更新