schema.org

概要

HTMLをマークアップする手法で、schema.orgの構造化データを使用するが、この中でよく使用すると思われるボキャブラリをまとめた。

Search Consoleに、構造化データと言うカテゴリがあります。

長い間「構造化データがありません」とのメッセージが表示されており、何か心寂しいものを感じておりました。

ならば・・・。
構造化データを入れようじぁないか。

そんか経緯もあり、ちょっとづつ構造化データを入れています。

構造化データはschema.orgにボキャブラリがありますので、これを参考にすればOKです。

が・・・。

schema.orgは英語で記載されており、おいら的にはちょっと敷居が高いと言うことが分かったでござる。

と言う訳で、日本語化を目指しました。

が・・・。

所詮、英語が解らない人間が日本語化を目指しても、敷居が高い事が分かったでござる。

と言う訳で、恥も外聞もなく、まずは機械翻訳。

「てめぇ、機械翻訳だと意味わかんねぇ~よ」と言われる方が多いと思いますが、所詮おいらのサイトは飛沫サイトなので、このように言われる人の絶対数は少ないと思いますのでこのまま進みます。

このような態度は、「人としてどーよ」と後ろ指さされることもありますが、

「おいらは、人じゃあねーんだよ」と開き直る事とします。





 作成:2018/05/28 15:09:26  (作成
 更新:2018/06/22 10:23:04  (更新