お吸い物スパゲティ・スクランブルエッグ

概要

永谷園の「お吸い物の素」をベースにして、スクランブルエッグを和えたスパゲティ。

ギャラリー

スパゲティを茹でる

少量のお湯で溶く

スクランブルエッグを作る

スパゲッティと和える

油で和える

お吸い物の素とスクランブルエッグ使ったスパゲティ

タマゴは安く栄養価も高い。とくに良質のたんぱく質を多く含んでいる。

たんぱく質は体内でアミノ酸に分解されるが、この必須アミノ酸のバランスも良いらしい。

たんぱく質以外では、鉄分やカルシウムやビタミンA/ビタミンB2/ビタミンB12/ビタミンD等を含んでいる。

ただし、ビタミンCはほとんど含まれていないし、食物繊維もほとんど含んでいない。この点には注意が必要である。

また、ひと昔前までは・・・。

「コレステロールが高いので1日に1個までにしておくこと」と言われていたが、最近は、「健康な人であれば、1日に2~3個程度は問題ない」と言われているらしい。

もちろん、コレステロールが高いのは事実なので、食事制限を指定されている人は、それに従う必要はある。

まあ色々言われているが、おいら的には値段を考えるとタマゴは優等生と断言できると考えている。

でもって、簡単に作れるタマゴ料理の代表は「スクランブルエッグ」でしょうな。

という訳で、永谷園のお吸い物の素とスクランブルエッグのスパゲティを作ることにする。ただ、スクランブルエッグだけでは味気ないので、細ネギも一緒に和えることにする。

ちなみに・・・。

おいらは、コ洒落た皿を持っていないので、今回の器もラーメン丼である。多少美的感覚で違和感を覚える人が多いかもしれないが、ご勘弁をお願い致しまする。

時間

種類 時間(分)
準備時間 2
調理時間 10
トータル時間 12

材料

  1. スパゲティ - 100グラム
  2. 永谷園のお吸い物の素 - 1袋
  3. タマゴ - 2個~3個
  4. 細ネギ - 適量
  5. オリーブオイルもしくはバター - 適量

作り方

  1. 細ネギを程よい大きさに切る。
  2. スパゲティを標準時間でゆでる。
    スパゲティを茹でる
  3. 器に永谷園のお吸い物の素を少量のお湯で溶いておく。
    少量のお湯で溶く
  4. スパゲティを茹でている間に、平行してスクランブルエッグを作る。タマゴがある程度固まってきたら、切った細ネギを加え、軽く炒める。
    スクランブルエッグを作る
  5. 茹で上がったスパゲティを、上記スクランブルエッグとお吸い物の素を和える。
    スパゲッティと和える
  6. オリーブオイルもしくはバターをからめる。
    油で和える




 作成:2018/07/29 11:24:46  (作成
 更新:2018/07/30 8:15:12  (更新