第2話 大剣豪現る! 海賊狩りロロノア・ゾロ

概要

ワンピース・東の海編の2話。「大剣豪現る! 海賊狩りロロノア・ゾロ」の視聴記録。ゾロ救出のため、島に上陸して海軍基地を目指すが、ヘルメッポとモーガン大佐の悪行を知ることになる。

視聴対象について

シリーズ名 ワンピース
シーズン番号 1
シーズン名 1st 東の海編
エピソード番号 2
エピソード名 大剣豪現る! 海賊狩りロロノア・ゾロ

第2話 大剣豪現る! 海賊狩りロロノア・ゾロ

はじめに

この記事には、あらすじが書かれています。ネタバレ注意。

手っ取り早くあらすじを知りたい人は「30秒で・・・」を参照してください。

じっくりあらすじを読みたい人は「・・・のあらすじ」を参照してください。

第2話について

ゾロが登場する話になります。

30秒で「大剣豪現る! 海賊狩りロロノア・ゾロ」

コビーとゾロが向かった海軍基地は、富と権力の亡者であるモーガン大佐が力でこの島を支配していた。

そしてこの島では、モーガン大佐の息子のヘルメッポがモーガンの名を借りてやりたい放題していた。

小舟に乗ったルフィとコビーはこの島の状況を知らず、ルフィはゾロを仲間にするため、コビーは海軍にはいるため、それぞれの目的をもって島を目指していた。

島にある海軍基地ではゾロが捕まっていたが、これはヘルメッポの策略で理不尽な約束をさせられたためだった。

海軍基地の庭には、十字架に縛ら荒れたゾロがいた。

このゾロに、一人の少女がおにぎりを届けようとすが、ヘルメッポに見つかり壁の外に放りだされる。

ルフィとコビーはこの少女を助け経緯を聞いたところ、おの親子を助けるためゾロが身代わりになっていることを知る。

時を同じくして、この少女の食堂で再度ヘルメッポがわがままし放題していた。怒ったルフィはヘルメッポを殴り、ヘルメッポは海軍基地へと逃げた。

海軍基地の屋上では、モーガンが権力の象徴として自分の石像を立てさせていた。

ルフィはゾロを助けるため海軍基地に刀を取り返しにゴムゴムのロケットで屋上向かった。

屋上に飛んだものの勢い余ったため、モーガンの石像を引っ張っていたローブを掴むことで事なきを得た。

たがしかし、これにより石像が倒れモーガンが怒り狂うことになる。

地上ではコビーがゾロを助けていが、モーガン達に見つかり銃殺されそうになる。

海兵の銃弾が発射されたと同時にルフィがコビーとゾロの前に立つ。

銃弾はルフィに目中したが、ゴム人間のルフィには効かなかった

「大剣豪現る! 海賊狩りロロノア・ゾロ」のあらすじ

アルビダ海賊団から奪った小舟で海軍基地に向かっているシーンから始まります。

この小舟の中で、コビーはルフィーにからロロノア・ゾロの話をします。「血に飢えた獣のように賞金首を襲う」「人間の姿をした魔獣」だと。

そうこうしているうちに海軍基地のある島に到着します。

島の中の街を歩きながら、コピーはロロノア・ゾロや海軍のモーガン大佐の話をします。ところがロロノア・ゾロやモーガン大佐の名前を聞いた住人は極度い怯えてしまいます。ルフィは面白がりますが、コビーは「ゾロはともかくモーガン大佐を怯えるのは変だ」と感じます。

やがて海軍基地い到着し、塀の向こうで十字架に縛られているゾロを発見します。

ルフィとコビーが言い合っている横を、一人の少女が梯子かけ海軍基地に侵入しました。そしてロロノア・ゾロにおにぎりを届けようとします。

しかし少女がゾロと話している所を、二人組の兵隊とリーダー格のヘルメッポに見つかってしまいます。ヘルメッポは「意外と元気じゃないか」とゾロに声をかけますが、少女が持つおにぎりに気が付きました。そして少女のおにぎりを奪って一口かじります。

だた、このおにぎりは塩ではなく砂糖で味付けをしていたため、ヘルメッポは怒って、少女が持つおにぎりを地面にたたきつけ、足で踏みつぶしてしまいました。

少女は泣きながら「やめて、やめて」と叫びますが、ヘルメッポは気にせず踏み続けます。

そして服の中から「罪人に肩入れした物は死刑」と書いた紙を取り出し、モーガン命令である旨を伝えます。

ヘルメッポは「ガキでもおやじの怖さは知っているよな」と言ったあと、一緒に来た海兵に「このガキ、投げ捨てろ」と命令します。

海兵は躊躇しますが、モーガンの息子であるヘルメッポには逆らえないで、結局少女を壁の向こうへ投げ捨てました。

十字架に縛られているゾロに対して、「もうすぐ餓死するだろう」と言って海兵とこの場を離れます。

先に投げ捨てられた少女は、ルフィ少女を空中でキャッチして安全な場所に下ろしました。

コビーは少女に「怪我はなかったか」と尋ね、振り返るとそこにルフィの姿はありませんでした。

壁の中では、ルフィとゾロが会話をしています。

ルフィがゾロに「オマエ本当に強いのか?」と言ってこの場を立ち去ろうとしますが、ゾロは「ちょっと待て」と呼び止めます。そして、ヘルメッポに踏みつけられたおにぎりを食わせろとルフィに頼みます。ルフィは「泥の塊だぞ」と言いながらも、ゾロの口の中におにぎりを投げ入れました。

少女の家の裏に場面は変わります。

少女が言うには、「ヘルメッポにのせいで、私たちの代わりゾロが張り付けになっている」とのこと。

少女の家は食堂をやっているが、ヘルメッポのペットの犬が勝手に入り込んで客の料理を食べるのを止めようとしたところ逆に犬に襲われそうになり、この場をゾロに助けられた。

そしてこれをよく思わないヘルメッポは、ゾロに対してこの親子は死刑だが代わりに張り付けで一か月生き延びれば許す。

という内容でした。

時を同じく、少女の家の食堂ではヘルメッポが「ただで飯を食わせろ」とか「退屈だから明日ゾロを処刑する」等しゃべっていました。

これを見たルフィは腹を立てヘルメッポに殴り掛かり「こいつ屑だ」と罵りました。

太刀打ちできないヘルメッポは、おやじのモーガン大佐にすがろうとします。

次にゾロが縛られている場所に画面は変わります。

3週間縛られ続けているゾロは、もうろうとした意識の中で昔のころの思い出を思い出します

が、ふと気が付くとゾロの前にルフィが立っています。

ルフィはゾロに対して、オマエを助けるから仲間になれと提案します。当然ゾロは断り「オレはオレがやりたいことを成し遂げる」と言い返しました。

が、ルフィは聞く耳を持たず、ゾロの刀を取り返すから仲間になれと言って「ゴムゴムのロケット」で海軍基地の中へ向かっていきます。

海軍基地の屋上では、モーガン自分の権力を示すための石像を建てさせようとしています。ヘルメッポはモーガンに対して代わり復讐してほしいと願いますが、モーガンは断ります。

そしてモーガンはヘルメッポを殴りとばし「お前は殴る価値もないバカ息子だからよ」「偉いのは俺様だ」と言い放ちました。

そのあとモーガンは、ゾロにおにぎりを運んだ少女を殺せと命令します。

そして、今は自分石造を立てる方が優先だと言い、急いて石造を建てさせようとしました。

ルフィは屋上が騒がしいことに気づき、「ゴムゴムのロケット」で屋上に飛び上がりました。

しかし勢いが強すぎたため、屋上を飛び越えてしまいそうになりました。ふと見ると、モーガンの石造のローブが目に留まり、これを掴みました。

ルフィがローブを掴んだため、石造はバランスを崩し倒れてしました。

怒ったモーガンはルフィを捕まえろと命令を下します。

ルフィは屋上に居たのヘルメッポを捕まえ、この場を逃げていきました。

そしてヘルメッポからゾロの刀のありかを聞き出そうとします。

一方地上では、コビーがゾロを助けようとしていました。コビーはこの島の海兵がモーガンの言いなりになっていることに我慢ができなかったようです。

そしてゾロに対して、「明日死刑になる」「ヘルメッポは最初から約束を守るつもりはなかった」ことを話ます。そして自由になった後は、ルフィに力を貸してあげてほしいと願います。

コビーとゾロが話していると、そこにモーガンと海兵がやってきました。そして二人に銃口を向け撃ち殺そうとしました。

ヘルメッポから刀の場所を聞き出し刀を見つけたルフィは、窓から地上の様子を見てしまいます。

海兵は引き金を引こうとしたとき、ルフィは窓を破り地上に向かいます。そして海兵が引き金を引くと同じくしてコビーとゾロの前に立ちました。

銃弾はルフィに命中しましたが、ゴム人間のルフィは銃弾を跳ね返してしまいました。

ルフィは笑いながら「効かん」としゃべったあと、「海賊王になる男だ」と宣言しました。

資料

識別情報

識別情報
項目
シリーズ名 ONE PIECE
シーズン番号 1
シーズン名 東の海編
エピソード番号 1
エピソード名 俺はルフィ! 海賊王になる男だ!

登場人物

識別情報
通称 本名 異名 説明
ルフィ モンキー・D・ルフィ 麦わらのルフィー 麦わら海賊団船長。ゴムゴムの実の能力者
ナミ ナミ 泥棒猫ナミ 麦わら海賊団の航海士。
コビー コビー   元アルビダ海賊団の雑用係
レディーアルビダ アルビダ 棍棒のアルビダ アルビダ海賊団船長。棍棒を武器とする。

声の出演

声の出演
声優
ルフィ 田中 真由美
ナミ 岡村 明美
コビー 土井 美加
アルビダ 松岡 洋子
船長 麻生 智久
海賊A 神谷 浩史
海賊B 野島 健司
海賊C 高塚 正也
海賊D 稲田 徹
ナレーション 大場 正人
コールドロジャー 大塚 周夫




 作成:2018/06/06 17:19:15  (作成
 更新:2018/06/13 10:18:17  (更新