ELニッコールの資料

概要

エルニッコールの愛称を持つELニッコールについてまとめました。でも現在は生産中止になっており、中古でしか入手できません。

ELニッコール

もう生産中止になてしまいましたが、「ELニッコール」の諸元をまとめました。ELニッコールは「エルニッコール」の愛称で呼ばれているそうです。

このELニッコールですが、おもに引き伸ばし器のレンズに使用されています。カメラのレンズに使用できなくはないですが、「単独ではピント合わせの機構がない」とか「マウント規格が合わない」等があり、一般的には使用されていません。

そのんなELニッコールですが、「レンズを逆につけマクロレンズとして使用すればかなり高性能」という話を聞き興味を持ちました。ただ現実的には、逆づけするにはそれなりの機構が必要ということでちょっとした課題があります。

  • カメラのマウントアダプタが必要になる
  • ピント合わせの機構が必要になる

カメラのマウントアダプタはトミーテックの物が使用できそうですがあまり売られていません。ピントあわせの機構に関してもトミーテックのM42が使用できそうです。だた、あれやこれやとろいろ買いそろえると、お値段がほんのちょっと高めになってしまい躊躇している状態です。値段的には適正価格と思いますので、躊躇するのはおいらの財政的理由によるものです。


ELニッコール仕様 その1
名称焦点距離最小絞り値レンズ構成基準倍率標準使用倍率範囲画角色収差補正波長域原稿サイズ
エル・ニッコール40mm F4N 40.1mm f22 4群6枚 10× 5~30× 52°(10×時) 380~700nm φ43.2mm
エル・ニッコール50mm F2.8N 52.0mm f16 4群6枚 2~20× 41°(8×時) 380~700nm φ43.2mm
エル・ニッコール63mm F2.8N 62.9mm f16 4群6枚 2~20× 43°(8×時) 380~700nm φ55.2mm
エル・ニッコール75mm F4N 74.9mm f22 3群4枚 2~10× 48°(5×時) 380~700nm φ80mm
エル・ニッコール80mm F5.6N 80.2mm f32 4群6枚 2~15× 53°(5×時) 380~700nm φ95mm
エル・ニッコール105mm F5.6N 105.5mm f32 4群6枚 2~10× 51°(5×時) 380~700nm φ120mm
エル・ニッコール135mm F5.6A 135mm f45 4群6枚 2~10× 53°(5×時) 380~700nm φ160mm
エル・ニッコール150mm F5.6A 149.6mm f45 4群6枚 2~8× 51°(4×時) 380~700nm φ180mm

ELニッコール仕様 その2
名称重さ全長最大径前マウント
(φmm・ピッチ)
アタッチメントサイズ
(φmm・ピッチ)
後マウント
(φmm・ピッチ)
用途
エル・ニッコール40mm F4N 100g 42mm φ51mm φ40.5mm×0.5mm φ39mm×1/26" 35mm判用
エル・ニッコール50mm F2.8N 105g 39mm φ51mm φ40.5mm×0.5mm φ39mm×1/26" 35mm判用
エル・ニッコール63mm F2.8N 120g 42.5mm φ51mm φ40.5mm×0.5mm φ39mm×1/26" 35mmマイクロ・35mm判用
エル・ニッコール75mm F4N 90g 33mm φ51mm φ40.5mm×0.5mm φ39mm×1/26" 6×6cm判用
エル・ニッコール80mm F5.6N 100g 38.5mm φ51mm φ40.5mm×0.5mm φ39mm×1/26" 6×6・6×7cm判用
エル・ニッコール105mm F5.6N 110g 40mm φ51mm φ40.5mm×0.5mm φ39mm×1/26" 6×9cm判用
エル・ニッコール135mm F5.6A 190g 47.5mm φ56mm φ52mm×0.75mm φ39mm×1/26" φ50mm×0.75mm 4"×5"判用
エル・ニッコール150mm F5.6A 210g 50.2mm φ56mm φ52mm×0.75mm φ39mm×1/26" φ50mm×0.75mm 4"×5"判用




 作成:2018/03/17 10:27:51  (作成
 更新:2018/04/01 19:35:14  (更新