jis-x-0201

概要

jis-x-0201は日本工業規格の制定している文字コード規格で、JIS8単位符号記号とも呼ばれている。初版は1969年6月1日とのことで、かなり古い規格である。

JIS X 0201コード表

JIS X 0201コード表について

DOS/V時代のMS-DOSが好きな人へ「JIS X 0201コード表」も作成しました。

JIS X 0201はASCIIコード部分と片仮名用図形文字集合部分の二つの集合で構成されています。0x00から0x7fの7bit部分はASCIIと互換となっています。0x80から0xff部分が片仮名用図形文字集合部分で、おなじみの半角カナがあります。

ただ、ASCII部分は「ISO 646 ローカライズ」されているので、バックスラッシュ('/')の替わりに円記号('¥')が、チルダ ('~')の替わりにオーバーライン ('‾')が割り当てられていますので、アメリカと全く同じ文字がでるとは限りません。

なお、0x80から0x9fおよび0xE0から0xFFは未定義となっており、この部分を使用して「シフトJIS」に拡張された経緯があります。

ちなみに国産プリンタの世界では、過去の互換性のため「JIS X 0201コード」は現在でも細々と生きている可能性を否定できないような気もします。ご苦労さまです。


JIS X 0201コード表
 0123456789ABCDEF
0
10
20 SP ! " # $ % & ' ( ) * + , - . /
30 0 1 2 3 4 5 6 7 8 9 : ; < = > ?
40 @ A B C D E F G H I J K L M N O
50 P Q R S T U V W X Y Z [ \ ] ^ _
60 ` a b c d e f g h i j k l m n o
70 p q r s t u v w x y z { | } ~
80                                
90                                
A0  
B0 ソ
C0
D0
E0                                
F0                                




 作成:2018/02/24 14:45:15  (作成
 更新:2018/04/01 19:35:14  (更新