抵抗器及びコンデンサの表示記号(JIS C 5062)

概要

小型の抵抗等の値は、数値を直接記載するのではなくカラーコード(色)で記載されています。このカラーコード(色)は、仮数部、指数部、誤差が決められた形式で表現されています。この形式は、JISの「JIS C 5062 抵抗器及びコンデンサの表示記号」で規格化されています。

カラーコードについて

小型の抵抗等の値は、数値を直接記載するのではなくカラーコード(色)で表現されています。なお、値の指数部分や誤差も色カラーコード(色)で表現されています。

カーボン被膜抵抗の場合は4線表示、金属被膜抵抗の場合は5線表示の場合が多いようです。

4線表示

  • 1線:数値
  • 2線:数値
  • 3線:指数(10のべき乗)
  • 4線:誤差

5線表示

  • 1線:数値
  • 2線:数値
  • 3線:数値
  • 4線:指数(10のべき乗)
  • 5線:誤差

 

一般的な小型抵抗は抵抗値および誤差を色で表現していますが、これはJIS C 5062 (IEC 62) で定義されたカラーコードが使われています。

カラーコードと許容差

カラーコード・許容差表
許容差
色名称表示数値乗数数値記号
       0 1
       1 10 ±1% F
       2 100 ±2% G
       3 1,000 ±0.05% W
       4 10,000
       5 100,000 ±0.5% D
       6 1,000,000 ±0.25% C
       7 10,000,000 ±0.1% B
       8 100,000,000
       9 1,000,000,000
       0.1 ±10% K
       0.001 ±5% J
無色 ±20% M
±30% N
±0.02% P
±0.01% L
±0.005% E




 作成:2018/03/19 22:37:51  (作成
 更新:2018/05/05 19:14:19  (更新