RCA端子の色

概要

RCA端子の色

PC配線色について

民生用のオーディオ機器の大半は「RCAケーブル」で接続するとこなります。オーディオマニアの人や音響関連の仕事をされている人は迷うことはないと思いますが、普段RCAケーブルと縁遠い生活を送っていると、赤ってどっちの信号だっけ?となることがあります。(実際には右信号とか左信号とか考えず、赤は赤どうし、白は白どうし接続することになりますから・・・。)

そういうこともあり、「RCA端子」の色と用途をまとめました。なお、RCAケーブルは広く使用されているので、ここでまとめた以外の用途がある可能性はあります。

ところでRCA端子ですが、「ピンジャック」や」ピンプラグ」といった言い方の方が一般的かもしれません。同様にRCAケーブルとは言わず「ピンケーブル」の方が一般的でしょう。また、あらかじめそれらしい説明をしておけば「赤白端子」や「赤白ケーブル」でも通じるかもしれません。もしくは十把一からげで「AV端子」でも通じるかも。

あと用途によっては、とくに黄色は「コンポジット端子」や「コンポジットケーブル」と呼ばれたりするようです。(本来はインピーダンス整合がとれていないので正しくないのかもしれませんが)高周波の映像信号を伝達する意味で「RF端子」や「RFケーブル」と呼ばれる場合もあるかもしれません。ただ、最近の機器は映像系をデジタル信号で伝達する場合が多くなっていますのでHDMIのようなコネクタを使用すると思います、そのため映像信号に限って言えば、RCA端子使用率は低くなっていいると思います。

ちなみにこのRCAの意味ですが、かつてアメリカにあった「Radio Corporation of America」の社名に由来しているそうです。その後RCA社は1986年ゼネラルエレクトリック社に吸収され消滅します。

 

RCA端子の色と用途の対応

RCA端子の色と用途
区分用途備考
名前表示
アナログ音声信号
 
モノラル  
 
ステレオ右チャンネル  
 
ステレオ左チャンネル  
 
センター  
 
サラウンド右チャンネル  
 
サラウンド左チャンネル  
 
サラウンドリア右チャンネル  
 
サラウンドリア左チャンネル  
 
サブウーファー  
デジタル音声信号
 
S/PDIF  
テレビ電波信号
 
高周波(Radio Frequency)信号  
コンポジット映像信号
 
映像信号  
コンポーネント映像信号
 
緑映像信号 輝度-色差ではY(輝度)
 
青映像信号 輝度-色差ではCb/Pb(色差)
 
赤映像信号 輝度-色差ではCr/Pr(色差)




 作成:2018/03/19 21:13:49  (作成
 更新:2018/04/01 19:35:14  (更新