カメラ取り付けネジ

概要

カメラ取り付けネジ(大ネジ、小ネジ)についてまとめました。

カメラ取り付けネジについて

三脚等についているカメラ取り付けネジは、「ISO 1222」および「JIS B7103」で、決められた物になっています。この規格についてまとめました。

おいらはむかしカメラや雲台をアルミ板に取り付けたいと思う時があり、ネジの調べたことがあります。まあ普通は「エツミ E-522 とかを使えばいいじゃん」となるのですが、なにぶん板厚が5mmなのでネジが届かない状況に陥りましたので・・・。

基本的には、2つのユニファイ並目ねじが使われています。「UNC1/4」とか「UNC3/8」とか呼ばれている物です。(まあ表にまとめるまでもないのですが・・・)一応表にまとめています。(手っ取り早く知りたい方は表の方を見ていただいた方が一目瞭然かと)

あと、インチ系のネジとしてちょっとヤヤコシイ話もあるので、一応ここに記載。

インチ系のネジとして、このユニファイネジとウイットネジ(ウイットウォースネジ)があります。どちらもネジ径とピッチが同じ物が多くありますが、山の角度が異なります。ユニファイネジは山の角度が60度で、ウイットネジは山の角度が55度になります。

山の角度が変わると何が変わるのかというと・・・。

ネジ溝の深さが変わります。山の角度が小さく(鋭角)なるほど溝の深さが深く(相対的には山の高さが高い)なります。溝の深さが深い(もしくは山の高さが高い)ということは、おねじとめねじの接続面積が広くなりますので、ゆるみにくい利点があります。逆に欠点としては、山自体の強度や、溝が深い分ネジの引っ張り強度が弱くなります。あと生産性等が関連するかもしれません。

ただこの点に関しては、あまり具体的なデータをもっていないので、「のような傾向がある」的な話になってしまいますが。

さて話を戻し、「カメラの取り付けをユニファイネジではなくてウイットネジで可能か」ですが、杓子定規で話すと「規格を考えると、ネジ溝の深さ(ネジ山の高さ)が異なるのでできない」となりそうです。ただ「この程度は誤差の範囲」とか「ウイットネジの公差が大きいヤツを使用するとできる可能性もあり」とかになりそうです。

ウイットネジをホームセンター購入する場合、径の前にWがついた「W1/4」や「W3/8」のような記載になっていると思います。今度実験してみますか。

ちなみにウイットネジは30年ほど前にJIS規格から消えているそうです。だた、建築や配管分野ではいまだに現役ののようです。(信憑性は怪しいですが)建築系でウイットネジが使われる理由として「精度があまり高くなくてもOK」なのだとか。


カメラ取り付けネジ

カメラ取り付けネジ規格
規格一般的な名称別名おねじ太さおねじ長さおねじピッチ
mmインチmmmm山数/インチ
1/4-20UNC UNC 1/4 小ネジ、細ネジ、U1/4 6.350 1/4 4.5 1.270 20
3/8-16UNC UNC 3/8 大ネジ、太ネジ、U3/8 9.525 3/8 4.5 1.588 16




 作成:2018/03/19 23:17:58  (作成
 更新:2018/04/01 19:35:14  (更新