2SA970

概要

2SA970は、東芝のシリコンPNP型トランジスタ。低周波低雑音用。2SC2240とコンプリメンタリになる。。VCEO:-120V、IC:-100mA、PC:300mW、hFE:200~700。hFEランク分けによりGR/BLがある。

2SA970について

2SA970は東芝が製造していた低周波低雑音用のPNP型トランジスタである。

コレクタ・エミッタ間電圧は-120V、コレクタ電流は-100mA、コレクタ損失は300mW。

直流電流増幅率は、GRランクで200~400、BLランクで360~700

パッケージはTO-92。ピン接続はECB。

コンプリメンタリは2SC2240になる

用途

  • 低周波低雑音用

特徴

  • PNP 低周波低雑音トランジスタで低信号源インピーダンスでの雑音指数を小さく設計しており、さらにパルス性雑音が小さく、ステレオやテープデッキなどのコライザアンプ初段低雑音増幅用として高S/N 比特性の実現が容易。
  • 低信号源インピーダンスでの雑音指数が小さい。
    NF = 3 dB (標準) (RG = 100 Ω, VCE = −6 V, IC = −0.1 mA, f = 1 kHz)
    NF = 0.5 dB (標準) (RG = 1 kΩ, VCE = −6 V, IC = −0.1 mA, f = 1 kHz)
  • 直流電流増幅率が高い。: hFE = 200~700
  • 高耐圧。 : VCEO = −120 V
  • パルス性雑音が小さい。: 1/f 雑音が小さい。
  • 2SC2240 とコンプリメンタリになる




 作成:2018/06/07 15:26:25  (作成
 更新:2018/06/08 16:45:52  (更新